社会保険制度のまとめ

保険
広告

社会保険制度とは、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度のことです。具体的には、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険などがあります。

社会保険とは
社会保険の概要社会保険とは、日本憲法で定められている「生存権」を具体化するための制度です。保険のしくみ「保険」という制度は、疾病、負傷、障害、死亡といった事故が生じた場合に備えてみんなで保険料を出し合ってお互いを救...

以下で詳しく社会保険制度をまとめました。

広告

健康保険

健康保険は、保険者(国など)が被保険者(私たち)の業務外での、疾病、負傷もしくは死亡または出産に関して保険給付金を受け取ったり、その被扶養者の疾病、負傷、死亡または出産に関しても保険給付を受け取ることができます。

※業務上の疾病・負傷などに関しては、労災保険などが適用になります。

国民健康保険

国民健康保険は、地域住民を対象とする医療保険で自営者自由業者農林漁業従事者を対象とします。

健康保険、共済保険で保険給付を受けられる人以外の人が被保険者です。一人一人が被保険者となるため、健康保険のように被扶養者の考え方はありません

保険給付は、健康保険とほぼ同じですが、健康保険と異なり業務上の病気・怪我も対象になります。

後期高齢者医療制度

後期高齢者は医療を受ける機会が多く、治療も長引く傾向にあるため、高齢者にも保険料を負担させながら、継続医療や在宅医療・終末医療など、生活を支える医療を受けられるようにするための制度が作られました。

75歳以上の人は、すべてこの制度に加入することになり、加入していた健康保険の被保険者や被扶養者ではなくなります。なので、75歳になって被保険者の資格がなくなると、その者に扶養されている75歳未満の者も被扶養者でなくなり、新たに国民健康保険に加入することになります。

介護保険

老後の最大の不安要因である介護を社会全体で介護を支える新たな仕組みを作り、利用者の選択によって、保険・医療・福祉にわたる介護サービスを総合的に利用できる制度です。

被保険者は、40歳以上65歳未満の医療保険加入者まはた65歳以上の方が対象になります。

労働者災害補償保険

労災保険は、業務上・通勤による労働者疾病・負傷・障害・死亡などに対し必要な保険給付を行います。また、労働者の健康確保のため二次健康診断等給付を行っています。

二次健康診断:直近の定期健康診断で脳、心臓疾患を発生する危険性が高いと判断された者に対して、受給者の負担なく健康診断を受けることが出来る制度です。

雇用保険

労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事情が生じた場合必要な給付を行います。また、労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合にも給付が行われます。

このことにより、労働者の生活の安定を図り、失業の予防や労働者の能力の開発・向上することを目的に作られた制度です。

国民年金

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のもの全員国民年金に加入します。

老齢・障害・死亡などに対して本人又は遺族に行う生活保障給付があります。

給付の種類について、
老齢老齢基礎年金付加年金(第一号被保険者のみ)
障害障害基礎年金
死亡遺族基礎年金寡婦年金(一号のみ)・死亡一時金(一号のみ)

厚生年金制度

原則として、強制適用事業所または任意適用事業所の労働者である70歳未満の人は加入が義務付けられています。

国民年金の老齢基礎年金に上乗せで年金を受給することが出来ます。

給付の種類について、
老齢老齢厚生年金
障害障害厚生年金障害手当金
死亡遺族厚生年金

タイトルとURLをコピーしました