社会保険とは

保険
広告
広告

社会保険の概要

社会保険とは、日本憲法で定められている「生存権」を具体化するための制度です。

保険のしくみ

「保険」という制度は、疾病、負傷、障害、死亡といった事故が生じた場合に備えてみんなで保険料を出し合ってお互いを救済しようとするものです。

「保険」には、国などが保険者となって運営をする「社会保障」(公的保険)と民間企業が保険者となって運営する「私的保険」があります。

社会保険の種類と適用範囲

社会保険の対象者と種類

社会保険の対象者は、被用者(勤労者)地域住民(自営業者など)の大きく2つに区分されます。また、被用者を対象とするものには、一般の職域を対象とする場合と特定職域(公務員・教職員・船員)を対象とする場合とで区分されます。

社会保険でカバーする保険事故

社会保険でカバーするものは、疾病・負傷・老齢・障害・死亡(遺族・埋葬)・出産・失業・介護などです。

社会保険の分野

一般被用者 年金(老齢・障害・遺族)、失業、医療(業務・通勤上の事故または業務外の事故)、介護

地域住民 年金(老齢・障害・遺族)、医療(疾病・負傷・埋葬・出産)、介護

それぞれ、社会保障には分野があり、保険者が政府や市町村などが担っています。

適用事業所

法人だと、すべての事業所で社会保険の強制加入が義務付けられています。

個人経営(農林水産業含め)だと、従業員が5人以上なら強制加入ですが、5人未満の場合、任意で加入することになります。

公的保険と私的保険の違い

私的保険

私的保険は、民間企業が主催するもので、保険に加入するかどうかはあくまでも本人の意思による任意加入となっています。

公的保険

公的保険は、国などが主催する相互扶助の制度なので、一定の条件に該当した場合は、本人の意思にかかわらず強制加入となります。

私的保険公的保険
保険者
民間企業
国または公法人
加入
任意加入
強制加入
営利性
あり
なし
拠出義務・
給付請求権
私法的
公法的
保険料
危険と給付に比例
必ずしも比例しない
給付
契約により決定
法定
財源
保険料のみ
受益者以外も負担
(国庫負担・国庫補助)

社会保険制度のまとめ

公的保険の社会保険制度(健康保険、雇用保険、厚生年金保険など)をまとめましたので、ご覧ください。

公的保険は、ほとんどの方が条件に該当し、強制加入になります。せっかく強制加入しているなら、詳しくなって「知らなかった」で、損をしないようにこっそり勉強していきましょう!

社会保険制度のまとめ
社会保険制度とは、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度のことです。具体的には、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険などがあります。以下で詳しく社会保険制度をまとめました。健康保険健康...
タイトルとURLをコピーしました