病気やケガで仕事を休んでいる方

緊急!コロナ対策

新型コロナウイルスの感染をした方やそれ以外の病気、ケガで仕事を休んでいる方には、

傷病手当または休業補償給付を受け取ることが出来ます。

広告

傷病手当金について

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するための制度です。

被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

支給条件

(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

仕事に就くことができないことについての証明がある時は、自費で診療を受けた場合でも支給対象となります。また、自宅療養の期間についても支給対象となります。

ただし、業務上・通勤災害によるもの病気と見なされないもの(美容整形など)は対象外です。

(2)仕事が就くことができないこと

仕事に就くことができない状態の判定は、療養担当者(=医者)の意見等を基に、被保険者の仕事の内容を考慮して判断します。

(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

業務外の事由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待機)後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。

待機には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれます。

(4)休業した期間に給与の支払いがないこと

病気やケガで休業している期間の生活保障を行う制度のため、給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。

だたし、給与の支払いが傷病手当金よりも額が少ない場合は、その差額が支給されます。

支給期間

傷病手当の支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。

この1年6ヵ月の間に会社に出勤して給与支払いがあった復帰期間があり、再度同一の病気やケガで仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間は1年6ヵ月に含まれます。

支給額

1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。

標準報酬月額÷30日×3分の2=1日当たりの金額

申請先

全国健康保険協会の窓口

健康保険傷病手当金支給申請書 | 申請書のご案内 | 全国健康保険協会

休業補償給付

業務上の事由または通勤による労働者の傷病等に対して必要な給付が行われます。

対象者

職業の種類に問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる者である労働者であり、労働者であればアルバイトやパートタイマー等の雇用形態は関係ありません。

支給条件

①業務上の事由または通勤による負傷や疾病による療養

②労働することができない

③賃金を受けていない

この3つの条件を満たす場合に第4日目から休業(補償)給付と休業特別支給金が支給されます。

給付額

休業(補償)給付=(給付基礎日額の60%)×休業日数

休業特別支給金=(給付基礎日額の20%)×休業日数

申請先

所轄の労働基準監督署

全国労働基準監督署の所在案内
全国労働基準監督署の所在案内について紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました