楽天ポイントで投資信託を積立購入

【妹ちゃん】
妹ちゃん
妹ちゃん

どうも、黒崎姉妹の妹ちゃんです。

ポイントを貯めるのが好きな妹ちゃんです!

私の中で、一番貯まってるポイントが楽天ポイントになります。

よく楽天のネットショップでお買い物をするのでポイントがじゃんじゃん貯まります。

しかも、楽天ゴールドカードを使用しているのでさらにポイントがざくざく貯まります。

貯まった楽天ポイントを使ってお買い物も出来ますが、何かいいものは無いかと思っていると楽天ポイントで投資が出来るようです!

私は、その楽天ポイントを使って毎月3,000ポイント使って投資信託を積立購入しています。

広告

10月に購入した投資信託

現在、5つのファンドに積立購入しています。

ファンド名積立金額分配金
コース
購入
口数
トータル
口数
国内株式ニッセイTOPIXインデックスファンド 300円再投資27052,414
外国株式ニッセイ 外国株式インデックスファンド1,200円再投資695143,223
外国債券ニッセイ 外国債券インデックスファンド 600円再投資502100,230
新興国債券野村インデックスファンド・新興国債券
(Funds-i 新興国債券)
300円再投資24344,765
新興国株式EXE-i 新興国株式ファンド600円再投資48693,619

評価額合計やトータル口数が多くてビックリしている方もいると思いますが、約1年半は現金で3万円の積み立てを行っていた関係で多くなっています。現在は楽天ポイントのみでの積み立てです。

現在5つのファンド以外で多数保有しているで、頃合いを見てその他のものは売却しようかと考えています。

楽天ポイントで投資するなら

楽天ポイントで投資をするなら、まずは楽天証券の口座を作らなければなりません。

また、追加で楽天銀行の口座を作ることをオススメします。

その理由は、楽天銀行楽天証券を紐付け(マネーブリッジ)するだけで普通預金金利が年0.10%になります。大手銀行で0.001%なので、100もの金利差になります!!

投資は難しくて出来ないな、という方でもただ口座を作って紐付けするだけでいいので本当にオススメです。

そして、楽天ポイントが貯まって使い道をどうしようかな?と思っているなら現金を使わず楽天ポイントで、投資信託株式投資が出来ます。

私は、楽天ポイントを使って投資するなら投資信託を買うことをオススメします。株式投資は、単元が100株からなので、銘柄にもよりますが楽天ポイントを全部使って購入という場合が多いと思います。

それだと、頑張って貯めた楽天ポイントがすっからかんという状況はなんだか寂しい・・・

そのかわり、投資信託は、100ポイントから購入出来ます。積み立てに設定すれば、自動で積み立てしてくれるからすごく便利です。

※期間限定ポイントは、投資に使えないのでご注意下さい。

しかも!楽天ポイント500ポイント以上を投資信託の積み立てで購入すると楽天市場の商品がポイント1になります。

しかもしかも!積み立てた金額にもポイントが付きます!

妹ちゃん
妹ちゃん

ポイントのオンパレードでワケわかんなくなってきた(笑)

楽天ポイントは、基本的に現金に出来ませんが投資の売買を行う事で現金に換えられます。売買で利益が出れば、その分プラスして現金が貰えます。その逆もしかりです。

投資信託を選ぶコツ

投資信託とは

投資信託とは、たくさんの人から集めたお金をひとつにまとめて、運用のプロが株式や債券などに投資し、そこで得た利益を投資した人に投資割合に応じて配分していくことを目的とした金融商品です。

運用する会社(ファンド)にいるプロの方々が、私たち個人の投資家から集めたお金で国内外の株式や債券の売買を行ってくれます。

私たち個人投資家が使える資金より遙かに多額の資金を運営できるので、1つのファンドを購入するだけで間接的に何百種類の銘柄を購入することが出来ます。

また、投資信託は少額での購入が出来、国内さらには全世界の投資が可能なのです。

投資信託には費用が掛かります

投資信託を選ぶ際に重要なポイントとして上げられるのが、費用です。投資信託には、ファンドによって費用の高い低いがあるので、長期投資をするなら費用を抑えたいので費用が少なくて済むようなファンドを選びます。

費用の種類
販売手数料・・・投資信託を買うときに払う手数料です。ノーロード(手数料無料)もあります。
信託報酬・・・投資信託を保有していると掛かる費用です。
信託財産留保額・・・投資信託を売る時にかかる費用です。償還時には掛かりません。
その他税金・・・分配金や売却時に税金が発生する場合があります。

投資信託の種類

投資信託のファンドの数はなんと4,700件以上あります。この中から絞っていくのは骨の折れる作業だと思います。※証券会社によって買える投資信託に限りがありあます。

まず、投資信託には【国内株式】【国内債券】【国内REIT】【外国株式】【外国債券】【外国REIT】【バランス型】【コモディティ】【ヘッジファンド】【ブル・ベア型】に大きく分けられます。

長期投資をメインに考えるならば、【国内株式】【国内債券】【国内REIT】【外国株式】【外国債券】【外国REIT】【バランス型】の中から選ぶことになります。

分散投資をすることが良いとされていますので、主に国内外の株式・債券(・REIT)をそれぞれ1ファンドづつ保有することが好ましいです。

バランス型は、【国内株式】【国内債券】【外国株式】【外国債券】を1つのファンドで運営しているため複数のファンドを購入しなくてよくなります。

保有する割合を考える

分散投資するときに、それぞれをどの程度保有するか割合を考えます。

投資信託は長期で運用することでリスクが減り資産が増幅するものです。10年以上は続けたいです。

もし、あなたが20代なら定年まで約40年という長期運用ができます。始めるのが早ければ早いほど、投資期間が長ければ長いほど将来に受け取る資産は、桁違いになってきます。

まずは、楽天ポイントでお試しをしてみるのもいいかもしれません。

時間があなたの味方になってくれます。

ただし、長期運用にあたって全く同じ保有の割合ではせっかく貯めた資産が後半でドカンと減ってしまったということが起きないようにある程度の期間や資産額になったら割合を変更していきましょう。

※私は長期に渡って割合も変更したいと考えているので、ここではあえて【バランス型】をおススメしません。

積極運用タイプ

積極運用では、標利回りが5%以上8%未満を目指せる割合です。

国内株式  10%

先進国株式 30

新興国株式 30

先進国債券 20

新興国債券 10

スタンダードタイプ

スタンダードでは、目標利回りが3%以上5%未満を目指せる割合です。

国内株式  20%

先進国株式 20

新興国株式 10

先進国債券 30

新興国債券 20

安定運用タイプ

安定運用では、目標利回りが3%未満を目指せる割合です。

国内株式  20%

先進国株式 10

国内債券  40

先進国債券 30

モーニングスター様のポートフォリオを参考にしました。

例えば、あなたが20代とすると、定年(65歳)まで45年間あります。最初は、30代半ばまで積極運用で資産を増やしていきます。それから40代半ばまでスタンダードにし、それからは安定運用で運用しつつ老後は、少しづつ引き出し年金の足しにする。という運用の切り替えを行っていきます。

家庭環境によって運用の切り替えは変わってくると思いますが、若ければ積極的に運用を行っても、マイナス損益を時間が味方になってくれます。その逆で、定年間近であれば極力リスクを減らした運用で資産を減らさないということが大事になってきます。

楽天証券で投資信託を選ぶ

楽天証券で取り扱っている投資信託は、約2,600件あります。

その中から、スクリーニングしてファンドを見つけていきます

3つのポイント

ポイント①
 分配金を再投資できるものを選ぶ。長期投資において、分配金を受け取るのでは無く再投資に回しましょう。

ポイント②
 株式を投資する投資信託は、インデックス型とアクティブ型とあります。長期投資ではインデックス型をオススメですが、リスクをとってもいいという方はアクティブ型を選びます。

ポイント③
 買付ランキング等のランキングでは絶対選ばないようにする。

ポイント①について、毎月分配金の支払いがあるものは、お得に感じるかもしれませんが必ずしもお得ということではありません。実は、必ず分配金をしますよ。という投資信託は、場合によってはファンドの純資産を切り崩して分配していることもあります。ということは、自分が払った分が戻ってきているだけという場合があります。分配金を再投資することで基準価格に蓄積され価格も上がっていきます。

ポイント②について、インデックス型はTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価などの指数に沿うような運営をします。アクティブ型は指数より上に行くように積極的に運営を行っていきますが、リスクが高く、費用も高いです。

ポイント③について、迷った場合などはランキングに頼りがちですがこれはダメ。買付ランキングは、現在もっとも売れているということで今後も売れるかも分からないしそれがピークだったということもあり得ます。また、やはり選ぶからには目論見書に目を通した方が良いです。

多種多様のファンドがあり、探すのにも一苦労しますが、コレだ!というものに数年間は積み立てを行い見直していくことが大切だと思います。

私もまだまだ未熟者ですが、勉強して投資を行っています。もちろん失敗もあるけど、怖がって動かないよりはマシだと思っています。未来の自分の為にコツコツと頑張りましょ!

タイトルとURLをコピーしました