【ニュース】心理的に家計をコントロールする

マネーニュース
広告

マネーニュースを元にこっそり勉強をしていきます。

「買い物を慎重にする」ための最強の心理学的方法とは
軽減税率やキャッシュレス決済による還元も悪くないが、やはり家計に一番効くのは「無駄な買い物をやめる」こと。そこで今回は、心理的アプローチを利用した「買い物を慎重にする」方法をお伝えしよう。
広告

心の会計とは

今年10月に増税がありました。増税前の駆け込みを行った方も、そうでない方もいると思います。

また、増税後もキャッシュレス決済でポイント還元を利用している方もいらっしゃると思います。

今後も様々なサービスが増え、キャッシュレス決済が充実したものになって来ます。

しかし、いくらキャッシュレス決済のサービスが充実しても、懐事情が充実することとイコールではありません。

さらに言うと、キャッシュレス決済でポイントが付くからと、不要なモノまで買ってしまいがちです。現金の場合とキャッシュレスの場合とでは、お金の出入りの感覚が全く違って来ます。

こうした、モノに対してお金を払うという行為は全く一緒なのに、金銭感覚が違ってしまう心理的な傾向が出てきます。これをメンタルアカウンティングといいます。

「心の会計」とも呼ばれるメンタルアカウンティングは、心の中にいくつもの会計勘定(アカウンティング)があり「宝くじで当たったお金で散財する」「給料を大事に使う」といった風に考えて行動してしまう行動心理学です。

一般的に無意識に行ってしまう行動なので、意識して行動していかないと何度も失敗を重ねてしまうことになります。

心の会計をコントロールする

こうした、心理的に行ってしまう心の会計にどう対処していくといいでしょうか。

それは、給料は生活用口座と貯蓄用口座とに分けたり、給料から天引きされる貯蓄をしたりなど、心理的に行ってしまう支出に対して予め制限しておく方法があります。

他には、モノを買う時に無駄なモノを買わないように一旦冷静に考えることも必要です。しかし、100円のモノを買うのに1時間も悩んでしまっては、それは時間の無駄です。金額が少ないモノには時間をあまり割かず金額が高いモノには時間を掛けることで無駄を省くことが出来ます。

今回のマネーニュース内では、ボーナスの使い方がありました。ボーナスを貰えたら嬉しいですよね。その嬉しさのまま今まで欲しかったモノを買うという横流しはもう辞めて、一旦定期預金に回すなどして冷却期間を設け、それでも欲しいまたは必要だという時に使うことで「心の会計」をコントロールすることが可能になってきます。

メンタルアカウンティングを上手くコントロールすることで、無駄な出費を減らすことが出来ます。また、見方を変えることによって貯蓄を増やすことも出来るようになります。

これからは、キャッシュレス決済に振り回されこんなハズでは・・・といったことにならないように心理的な部分にも意識し、ポイント還元やサービス・特典のお得を享受していきましょう

タイトルとURLをコピーしました